紅い花あかいはな
イヴァン・セルゲーヴィチ・トゥルゲーネフの記念に 「畏くも天の下しろしめす皇帝、ピョートル一世陛下の御名代として、余は本癲狂院の査閲を宣す!」 甲高い、耳がびんびんするような大音声で、そんな文句が述べ立てられた。インクの汚点だらけの机に向か …
作品に特徴的な語句
あた かた じき うつ あが ため やす しゅ ふり 胡瓜キュウリ さか 甜瓜メロン すさ かま しゃが くら はず たわ へり 西瓜スイカ さお 仇敵きゅうてき 浴槽よくそう 活栓カラン すべ めし むら 楽旨モチーフ きん から 赤剥あかむ ほま さき かど ちぢ 幾人いくにん めぐ 彼奴きゃつ こす 把手とって うち 灼熱しゃくねつ 為遂しと 煉瓦れんが 燠火おきび 狭霧さぎり よみがえ かしこ 病棟びょうとう 痙攣けいれん 相貌そうぼう まぶ 眩暈めまい 眼窩がんか ねむ またた 破片かけら はかり 穿 あな くぼ 築山つきやま 精分せいぶん あか たて つな まと 罌粟けし あく あつ 肌衣はだぎ ひじ ふと 背後うしろ 脳裡のうり なか 阿片あへん やみ 防禦ぼうぎょ すみ 階下した