“おやぢ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
親父17.8%
老爺17.4%
親爺14.2%
11.9%
親仁10.0%
父親8.2%
阿爺2.3%
老父2.3%
阿父2.3%
1.8%
父爺0.9%
亡父0.9%
爺仁0.9%
老僕0.9%
老夫0.9%
0.9%
教父0.5%
老猾0.5%
船頭0.5%
主翁0.5%
叟父0.5%
0.5%
実父0.5%
御親爺0.5%
愚父0.5%
爺父0.5%
老奴0.5%
老漢0.5%
老翁0.5%
野爺0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西尾からして小僧皆身年季奉公と、東西南北で書いてると、お親父がそれをへ持つてつて表装を加へ
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
これで病附いた東皐子は、翌日徒弟穴掘老爺同行して、んに發掘し、朝貌形完全土器したなどは、茶氣滿々である。
実際を云ふと親爺の所謂薫育は、此父子のに纏綿するかい情味を次第に冷却せしめた丈である。少なくとも代助はさう思つてゐる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
顔を白く塗つて耳かくしにしてゐる女給の二三人もあるカフエーだの、肥つたのゐる薬屋だの、八百屋だの、蕎麦屋だの、鮨屋だのが混雑と……。
くづれた土手 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
中津川備前屋の親仁伊左衞門なぞは師走の月にでもなると馬籠下町の紋九郎方に來て十日あまりも滯在し、町中へ小貸しなどして
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
お妻の父親もわざわざやつて来て、炉辺での昔語。けた古壁に懸かる例の『山猫』を見るにつけても、くなつた老牧夫のは尽きなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
中禅寺では夏のうちは鱒は釣れない事になつてゐるのを、この阿爺さんはを垂れるが早いか、十五六の鱒を釣りあげたので、土地の漁師を吃驚させてしまつた。
すると軌道沿ふて三田舍者小田原城下るといふ旅裝えるのはの、えるのは老母の、からげた頑丈らしいのは老父さんで
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
早い話が阿父のやうな壓制君主までも、此處だけは治外法權として、何等の侵略へ得ない奴さ。痛快だ。いや、出まい。蟹も穴籠をしてゐた方が安全だからな。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
それに京伝本なんぞも、や母のことで懐しい記念が多うございますから、淋しい時は枕許に置きますとね。若菜姫なんざ、アノ画の通りの姿で蜘蛛の術をつかふのが幻に見えますよ。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
廐には未だ二日分許りがあつたので、隣家の松太郎の姉に誘はれたけれども、父爺が行かなくても可いと言つた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
可笑しいのは賭博が好きだつたからといつて、墓石骰子の目まで盛つたのがあつた事だ。それを考へての右団次も亡父の墓を幽霊の姿にでも刻んだら面白からう。
武家だつた頃の味噌摺用人だつたさうで、五十年輩のニヤニヤした爺仁ですが、あつしとお君が話して居るのを見かけて、——後で、お孃さんも可哀さうだ、親分は幸ひ仲が良いやうだから
銭形平次捕物控:282 密室 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
是非お迎ひにとならば老僕が参らん、待給へと止めらるゝ憎くさ、真実は此雪にくこそと賞められたく、是非に我が身行きたければ、其方は知らぬ顔にて居よかしと言ふに
雪の日 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
何処の扉も鎖したるに狼狽ふるを、車掌に強曳れて安堵せるも無く、青洟垂せる女の子を率ゐて、五十老夫のこれも戸惑してきつりつせし揚句、駅夫にれて室内に押入れられ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
なんでも或る晩げのことで、さう、今頃よりもう少し早目の時刻だつたでがせう、みんな夕餉のについてをりましたのさ、死んだに、死んだ、それに日傭男に日傭女と、子供が五人ばかりとね。
「まあ、アファナーシイ・イワーノヸッチ、大変なことになりましたよ。おほぜいの人が門を叩いてゐますの、それに確か、この家の教父の声もするやうなんですの……。」
なに、心配することはありませんよ、うちのお馬鹿さんは大露西亜人に何かちよろまかされやしないかと思つて、ここの教父といつしよに夜どほし荷馬車の見張りに行つてますからさ。
そこで今の『美人クリイム』、これもその手につたので、は貧乏士族の娘で堅気であつたのだが、老猾この娘を見ると食指大いに動いた訳で
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
これはよしんば奴の胸中が見え透いてゐたからとて、勢ひりかねる人情だらう。今から六年ばかり前の事で、娘が十九の年老猾は六十ばかりの禿顱の事だから、まさかに色気とは想はんわね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いや、そんなより、力餅さへはぬ二人が、辨當のうまさうなのに、ごくりと一所をのんでおいてらない。……船頭糠鰊で。……
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
船頭辨當使、しばらくは漂蕩るゝにせて、やがて、まして、ざぶりとに、割籠むとてが、船脚よりはいて、くもののない
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
遊「君の後曳も口ほどではないよ。この間那処主翁がさう言つてゐた、風早さんが後曳を三度なさると新いチョオクが半分る……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
一老夫こゝに来り主人を拱手て礼をなし後園へ行んとせしを、とめ夫をていふやう、此叟父壮年時熊に助られたる人也、をたすかり今年八十二まで長生するは可賀老人也
万が一にも仕損じてはお上人様源太親方に十兵衞の顔が向られうか、これ、生きても塔がねばな、此十兵衞は死んだ同然、死んでも業を仕遂げればは生て居るはい
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「なアに、花ちやんの為にも矢張り敵なんだよ、の松島大佐がネ」と大和は茶受ムシヤ/\とみ込みつ「が余程以前から、梅子さんを貰はうとしたんだ、梅子さんの実父も、 ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それが時々苦しいもする。ある時、友達の御親爺さんが死んで、葬式のに立つたが、不図其友達が装束をて、青竹をいて、のあとへいて行く姿を見て可笑しくなつて困つた事がある。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
愚父がどれ程の事を致したか知りませんが、なかなかこんな御恩返を受けるほどの事が出来るものでは有りません。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お勝手に居る爺父は、恐ろしく威猛高です。
今にもその人とおなじくあるじのりたまはんもはかりがたし、雪頽にうたれ給ふやうなる不覚人にはあらざるを、かの老奴めがいらざることをいひて親子たちの心をたりといふに
けれども、天魔に魅入られたものと親父も愛相して、一人の娘を阿父さん彼自身より十歳ばかりも老漢の高利貸にくれて了つたのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
されば菓子屋、植木屋、吹屋、射的場の前には、今一客を止めず。吹屋のさんは吃驚した半身を店から出せば、筆屋の老翁は二三歩往來へ進み出て、共に引き行く人浪の趾を見送る事、少時焉たり。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
それは鍛冶屋の隣りのお寡婦が家、月三円で、その代り粟八分の飯で忍耐しろと言ふ。口に似合はぬ親切な野爺だと、松太郎は心に感謝した。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)