“文壇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶんだん90.0%
ブンダン10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして単にその説明だけでも日本の文壇には一道の光明を投げえる事ができる。——こう私はその時始めて悟ったのでした。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
文壇論陣今や亂雜小にれて、までも所信邁進する々たる論客なきをふ時、泡鳴さんのさうした追憶にはい懷しさである。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
ケサ、六時林房雄氏一文ンデ、カカナケレバナルマイトジマシタ。多少悲痛ト、決断、カノ小論行間レテ清潔ジマシタ。文壇、コノ四、五ナカッタコトダ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)