私の個人主義わたしのこじんしゅぎ
——大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述—— 私は今日初めてこの学習院というものの中に這入りました。もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたには相違ありませんが、はっきりとは存じませんでした。中へ這入ったのは無論 …
作品に特徴的な語句
いき 焦燥 あげ こと おお あら はずみ ばい 書籍しょせき かおり ねがわ めん おもん ためし ばな むこ きた まぬ ちがい あや たし もぐ ただ めず 歳々さいさい いたみ ひと くわだ ともな 空虚くうきょ うけたま うれい 邪正じゃせい おち おび 地震じしん おこ 一致いっち ひそ 滅亡めつぼう 焦燥あせ せば あま はた たば さら 疳違かんちが みな むか むね つむ 突然とつぜん 立出たちいで あつか えん まとま かんがえ きこ あや なま こわ 徹底てってい かれ いたり うきぐさ わか よめ あつ 奴婢どひ だれ 豪商ごうしょう のが かたむ ほろ 取次とりつ おど 鑑定かんてい 仕上しあげ 鵜呑うのみ あた けん ぺん 取消とりけし いや 受合うけあい 盲目めくら 破壊はかい 矛盾むじゅん はな 監獄かんごく もや 盲動もうどう 盲従もうじゅう