“狂熱”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうねつ66.7%
はげしさ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“狂熱”を含む作品のジャンル比率
文学 > その他の諸文学 > その他のヨーロッパ文学5.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ストライキからつかまって転向、というヤンガアジェネレェション一通りの経過をへたぼくが、狂熱きょうねつ的な文学青年になったのは、オリムピックの翌々年の春でした。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
狂熱きょうねつやすい弱い脳の私は刺戟されて、いうつらうつらと酔った様になってしまう、真黄まっきいな濃厚な絵具を一面にブチけたらしい菜の花と、例の光線が強く反射して私の眼はクラクラとまぶしい。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
コノール (急に狂熱はげしさを以て、今もの云った人を呪うように避けるように両腕を伸べて)この男をつれて行け! 死に!……死に! つれて行け!
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)