“不審気”の読み方と例文
旧字:不審氣
読み方(ふりがな)割合
いぶかしげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不審気”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ほほウ、これはおかしい」女史は自分の乳房を着物の上からギュッと握りしめて不審気いぶかしげであった。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
言いながら不審気いぶかしげな味噌松を先に、藤吉はがらりと勝手の腰高こしだかを開けた。