“宗親”の読み方と例文
読み方割合
そうしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敬刑せらるゝに臨みて、従容として嘆じて曰く、変宗親に起り、略経画無し、敬死して余罪ありと。神色自若たり。死して経宿して、生けるがし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「この玄徳は、大漢の宗親。笑うべし、汝何者ぞ。みだりに天子の儀を曲者。きょうこそ大逆をらしめん」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
漢室の宗親同宗みという気もちから特に休息に立ち寄ったものである。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)