“冐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
をか40.0%
おか40.0%
20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その翌朝、雨をして馬上、新冠の御料牧場を見に行く途中で、染退川荒廢の跡を調べ、中下方に於ける淡路團體の農村を見た。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
貴下が、吾等はんとて、いて危險すがきは、吾等ふるなり。
いた人が常磐津を語るやうなでオー/\といひますから、だかとつての人に聞きましたら、れは泣車といつて御車だ、としやいましたが、随分陰気でございます。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)