“御車”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みくるま94.4%
みぐるま5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御車をするといかんといふので、黒胡麻を食べさせての出ないやうにするといふ、牛も骨の折れる事でございます。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「これは、中宮のお実家方に、俄な御病人が出来たため、夜もわせ給わず、おん見舞にられる御車です。——列を遠くにお開きなさい」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かざり車や、御車や、御室あたりの夕暮に、花のみるたのしみも……
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)