“染退”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しぶちやり66.7%
シプチヤリ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中下方にあるのはそれだが、第二囘の五十戸は、今、同じ染退川添ひの碧蘂村にある。兩村とも實に北海道の模範農村になつてゐる。
日高十勝の記憶 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
その翌朝、雨をして馬上、新冠の御料牧場を見に行く途中で、染退川荒廢の跡を調べ、中下方に於ける淡路團體の農村を見た。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
寛文九年(西暦一六六九年)今の日高國染退の酋長シャグシャインの亂を記せる書類には、アイヌの砦に據りし事を記し、殊に津輕一統志の該記事中には、チャシの砦なる事を記せり