“常陸風土記”の読み方と例文
読み方割合
ひたちふどき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
常陸風土記』を見ると、あの頃にはここが常世国かという土地の人がまだあった。太平洋の沿岸には、そういう伝説の土地が幾つもあった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それで常陸風土記によると一応はこうも事祝いでやった
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
大人足跡という口碑は、すでに奈良朝期の『常陸風土記大櫛岡の条にもある。丘壟の上に腰かけて大海のを採って食ったといい、足跡の長さ四十余歩、広さは二十余歩とある。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)