月夜と眼鏡つきよとめがね
町も、野も、いたるところ、緑の葉に包まれているころでありました。 おだやかな、月のいい晩のことであります。静かな町のはずれにおばあさんは住んでいましたが、おばあさんは、ただ一人、窓の下にすわって、針仕事をしていました。 ランプの灯が、あたり …
作品に特徴的な語句
少女しょうじよ うえ 最初さいしょ おだ ゆび 少女しょうじょ きず むすめ さか 時計どけい あか ほう きゅう わか いえ はな よる そと かた ぐち ひら なか はい さき かたむ 人通ひとどお にお からだ しず おと あいだ はな ひた 一人ひとり わた かた 物売ものう ひと だま めずら おとこ まち いた しろ くろ ねむ かみ 眼鏡めがね いし わたし たか 香水こうすい 空想くうそう 空気くうき まど こた はこ いと あか ほそ みどり うつく かぜ あつ なが ぜに はり 野原のはら 遠方えんぽう とお おそ とお ちか 足音あしおと あし やと あか はな 葉蔭はかげ 草花くさばな