国文学の発生(第三稿)こくぶんがくのはっせい(だいさんこう)まれびとの意義まれびとのいぎ
一客とまれびとと 客をまれびとと訓ずることは、我が國に文獻の始まつた最初からの事である。從來の語原説では「稀に來る人」の意義から、珍客の意を含んで、まれびとと言うたものとし、其音韻變化が、まらひと・まらうどとなつたものと考へて來てゐる。形成 …
作品に特徴的な語句
ピツ 可愛カナ オホシ オスヒ オシ クウ ヒソ メグ シユク オシ マラ イハ ギヤウ オビト オホ コト クシ 𢌞モトホ オシ イマ タレ イハ ツカ アサ キヨ 供物クモツ 祖母アツパア マツ カン 小楯ヲタテ ウカ ニヘ マガリ アメ キヤク オソ カミ 中門チユウモン 大主ウフツシユ 大家オホヤケ 小甕ヲガメ 長者チヤウジヤ カド 食堂ジキダウ 千秋センズ 呪言ヨゴト 常暗トコヤミ 御子ミコ サイ 武塔フタフ ハラ 言觸コトフ タマ クヾヒ 上邊ウハベ 久高クタカ 伊與イヨ 出石イヅシ 壽詞ヨゴト ハヽ 嬬屋ツマヤ 寢處トコ 屯倉ミヤケ 巨旦コタン 常世トコヨ 新釀ニヒツク 椀子マリコ 率寢ヰネ オヤ 神壽カムホ スウ 豐壽トヨホ ニヘ 逢遭ユキアヒ サバ 三諸ミモロ 乙猾オトウカシ 二秋フタアキ 儀來ギライ 勞犒ネギラ 反閇ヘンバイ 商變アキカヘ 坂上サカノヘ 壓神オシカミ 大主ウフヌシ 大甞オホムベ 妣位ヲンナカタ