“右様”のいろいろな読み方と例文
旧字:右樣
読み方(ふりがな)割合
みぎよう75.0%
みぎやう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右様”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
右様みぎようなわけでござるが、それでも貴所は、一人で行くおつもりか。——それとも、他の助人すけうどたちは、べつな道をとって行かれたか」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右様みぎようの次第じゃで、見識らぬ者どもは当分御門内へ入るるなと大殿からも申し渡された。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
右様みぎやう次第しだいあしからず御推察ごすゐさつなし被下度候くだされたくさふらふ
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
相手がたがひ巴里パリイツ子同士、流行はやり同士であり、其れが右様みぎやうの事情のもとに行ふ決闘であり、その上当日の決闘ぶりが非常に壮烈であつたので、翌てうの新聞はれも決闘ぢやうの写真をはさんで種種いろ/\と激賞のことばを並べて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)