蜆谷しじみだに
「こんなに鴨の寄らないこともないもんだ、もう師走という月でまるっきり影もみせない」風邪でもひいているような、ぜいぜい声でこう云うのが聞こえた、「もう十年もむかしだったか、沖の島の杓子岩のくずれた年だかに鴨の寄らないことがあった」 「なむあみ …
作品に特徴的な語句
じょ なお 水口みなぐち ばん 上田じょうでん せき 談合はなしあい ひびき 燈火とうか 小名しょうめい いくさ 落人おちゅうど おぼ 水洟みずっぱな つぶ 退 髪毛かみ 良人おっと はし やな 草鞋わらじ 茶菓さか 苗字みょうじ あし 艱難かんなん 精悍せいかん しゅうと ひえ ひざ かゆ 蜆谷しじみだに 膏汗あぶらあせ 詮議せんぎ かも ふな えさ 青樹あおき なべ 鋤鍬すきくわ 釜戸かまど からだ みの まい 訊問じんもん 西畑にしはた ふすま 衿足えりあし 法度はっと やぶ つぼみ とが 川延かわのべ 峡間はざま 屹度きっと 少輔しょうゆう 堅田かただ 地子じご うわさ のど 布令ふれ 厨口くりやぐち かく 勾配こうばい 分際ぶんざい 凛烈りんれつ 内湖うちうみ 兜首かぶとくび 仔細しさい 昂奮こうふん 獲場かりば 燈火ともしび すす 母子おやこ 歳役としやく 標木しるしぎ しるし 畦道あぜみち かたき 支峻ししゅん てのひら こぶし 恵瓊えけい 忿怒ふんぬ 忿いか 師走しわす