“米屋町”の読み方と例文
読み方割合
こめやまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今の築地二丁目の出方の二階へ引っ越して来た時には、女からった手切の三千円はとうに米屋町大半なくしてしまい、の金は一年近くの居食にもう数えるほどしかなかった。
雪解 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そこで稼いでいるうちに、米屋町で少しは名前の通った花村という年輩の男を物にし、花村がちょうど妻と死にれて、孤独の寂しさを身にしみて感じていた折なので、家へ入れる約束で
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
身柄はふにも足らぬ足軽頭に過ぎざりしが、才覚ある者なりければ、廃藩のでて小役人を勤め、転じて商社にへ、一時は地所家屋の売買を周旋し、万年青を手掛け、米屋町出入
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)