“米屋被”の読み方と例文
読み方割合
こめやかぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
永禪はの着物に坊主頭へ米屋被りを致し、小長いのを一本差して、これから湯の谷を出ましたが、その頃百も出しますとうやらうやら書付をえて呉れますから
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)