“米屋与右衛門”の読み方と例文
読み方割合
こめやよゑもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし今津米屋与右衛門といふ男が居た。富豪の家に生れたが、学問が好きで色々の書物を貪り読んだ。