“みこし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミコシ
語句割合
御輿47.5%
神輿41.9%
見越6.1%
輿1.5%
神興1.0%
鳳輦0.5%
輦輿0.5%
御神輿0.5%
身躰0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壁に寄せて古甕のいくつか並べてあるは、地酒が溢れて居るのであらう。今は農家は忙しい時季で、長く御輿ゑるものも無い。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
漸く神輿をあげた平次ですが、外の風に當るとみがついて、まだ晝をあまり廻らぬうちに、加州樣下屋敷隣の百草園に着きました。
「もとは柳橋にいた奴だよ、今は、駒形堂の傍に、船板塀見越と云う寸法だ、しかも、それがるの美と来てるからね」と小声で云って笑顔をした。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
若し始めっから潰す量見で来たんならもう少し潰しでのあるところへお輿を据えたらいいだろう。
栄蔵の死 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
獄塀外に子供神興の行くらしく笛と太鼓と聴えて楽し
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
賢所の神器を、玉体にお添えし、鳳輦へと、おき立てはしたものの、それをかつぐ駕輿丁の者はいず、ぜひなく、衛府の士が前後をいまいらせる。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とは、古典にみえる浩嘆であるが——この炎をうしろに、叡山東坂本へと落ち行った鳳輦供奉の人々にしても、それぞれの感や反省のみに、足も心もそぞろであったに違いあるまい。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薄絹張雪洞に西洋蝋燭を燈したるものが二十四ばかり吊してある。輦輿の中にシナの立派なる官服を着け、頭にはいわゆる位階を表わしたる帽子を被ってジーッと坐り込んで居る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
ことに夜の事で市中に輝いて居る幾万のバタの燈明は、幾千百のガス燈のごとく白く明かな光を放ってある。その所へ美麗に飾った雪洞付の輦輿に乗って行くのですから余程綺麗です。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「だから變ぢやありませんか、ね親分、ちよいと御神輿をあげて——」
立退うと云ふを夫三五郎が止めて烟草入を證據に富右衞門にせる上は立退に及ばぬ急に立去ば却つて疑惑ると云れてお前は氣が付身躰たでは無か其時に三十兩と云ふ金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)