“駕輿丁”の読み方と例文
読み方割合
かよちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
賢所の神器を、玉体にお添えし、鳳輦へと、おき立てはしたものの、それをかつぐ駕輿丁の者はいず、ぜひなく、衛府の士が前後をいまいらせる。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その親房は、ことし八歳の義良親王を綿帽子にくるんで馬のツボに抱いていた。——しょせん、輿では道もはかどらず、駕輿丁の者も、雪の歩行にたえられぬからだった。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
元々、ここにあった三種の神器は偽物と知れているので、扱いもぞんざいをきわめ、駕輿丁の小者や武士らが鳳輦で無造作にかついで行った——と公賢自身の日記にも書かれている。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)