惜別せきべつ
これは日本の東北地方の某村に開業している一老医師の手記である。 先日、この地方の新聞社の記者だと称する不精鬚をはやした顔色のわるい中年の男がやって来て、あなたは今の東北帝大医学部の前身の仙台医専を卒業したお方と聞いているが、それに違いないか …
作品に特徴的な語句
ナンジ ここ うわ コレ ひま 病床クランケンベット とどま ちか 蟋蟀しっしゅつ うた つらな 孤独アインザーム 出会であい おも 患者クランケ あた 臨終りんじゅう くら 如何いかが 喧嘩げんか おろか ゆだ 向山むかいやま がら かんばせ おさま おのれ いや あるい でん 老憊ろうぱい うるお こめ 揖譲ゆうじょう のが 嘲笑ちょうしょう 造化ぞうか げん 曠野あらの 捕虜ほりょ 嬰児えいじ ゆびさ 緊要きんよう 枝葉しよう ごう 阿呆あほ 陸奥むつ つど たたみ かす おそ 而已ノミ なま こま おそ おこ あざ かわ さわや かた 仰向あおむけ 往時おうじ 虚栄アイテルカイト ろう あく うえ あた とびら 洞穴どうけつ 懈怠けだい 差支さしつか 耳朶じだ くそ ひざ ぜん 素人しろうと 膺懲ようちょう あか 自惚うぬぼ 聡明そうめい 蝋燭ろうそく 色艶いろつや 篷船ほうせん かじ