“紅子戯語”の読み方と例文
読み方割合
こうしけご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時の硯友社の生活を知るには『我楽多文庫』の十号から十三号へ掛けて連載された紅葉の「紅子戯語」を見るにくはない。
が、実際に文庫の編輯にかっていたのは楽屋小説の「紅子戯語」に現れる眉山、思案、紅葉、香夢楼緑、及び春亭九華の八名であった。