“紅子”の読み方と例文
読み方割合
べにこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄也の妻君は——つまりワイフのことであるが、名を紅子と言ひ(どうやら之は玄也の好みに順つた変名らしい臭みがするが……)
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
「お父、こんな家よしちまって、郊外に大きい分離派かなんかの文化住宅を、お建てなさいよウ」紅子が、ボッブの頭を振り振り云った。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「いやかね? だが、もうじき人形になりたくなるかもしれないよ。あちらへいって、このおねえさま人形と遊んでくるがいい。さあ、紅子、ルミちゃんをおまえの部屋へつれていってあげなさい。」
魔法人形 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)