“喃々戯語”の読み方と例文
読み方割合
なんなんけご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒲公英の咲く長堤を逍遥するのは、蕪村の最も好んだリリシズムであるが、しかも都会の旗亭につとめて、春情学び得たる浪花風流の少女と道連れになり、喃々戯語して春光の下を歩いた記憶は
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)