“練絹”の読み方と例文
読み方割合
ねりぎぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(いゝえりはしませんよ。)とましてふ、婦人何時にか衣服いで全身練絹のやうにはしてたのぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この美女たちがいずれも長い裳裾を曳き、薄い練絹被衣を微風にらせながら、れ違うとお互いにやかな会釈を交わしつつ
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
前路を見ても足下を見ても、る物の影もなかった。綿と云おうか練絹と云おうか、上へ上へと立ち上る、白いものばかりが眼に触れた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)