“練瓦場”の読み方と例文
読み方割合
れんがば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するとまもなく、ぼぉというようなひどい音がして、水はむくっとりあがり、それからしばらく、そこらあたりがきぃんと鳴った。練瓦場の人たちは、みんな水へ入った。
さいかち淵 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
石神庄助がさきに立って、そのあとから、練瓦場の人たちが三人ばかり、ぬぎになったり、ったりして、河原のねむの木のとこを、こっちへ来るから、ぼくは、きっと発破だとおもった。
さいかち淵 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
庄助は、しばらくを組んで、みんなのとるのを見ていたが、「さっぱりなぃな。」と云った。けれども、あんなにとれたらたくさんだ。練瓦場の人たちなんか、三十ぐらいもとったんだから。
さいかち淵 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)