“調練場”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうれんば50.0%
てうれんば50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“調練場”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
下谷佐竹したやさたけの屋敷は調練場ちょうれんばとなり、市ヶ谷と戸塚村とつかむらなる尾州侯びしゅうこうの藩邸、小石川なる水戸の館第かんていも今日われわれの見る如く陸軍の所轄しょかつとなり名高き庭苑も追々に踏み荒されて行く。
「何だ、又調練場てうれんばから小蛇でも這出はひだして來たのかい」