“三重”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みえ41.4%
みへ20.7%
さんぢう13.8%
さんじゅう10.3%
みかさ3.4%
みかさね3.4%
みつがさ3.4%
みつがさね3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
島々の数を尽してつものは天をし、伏すものは波にはらばう、あるは二重にかさなり三重にたたみて、左にわかれ、右にる。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
あゝ唯一の星によりてかれらの目に閃きつゝかくこれを飽かしむる三重の光よ、願はくはわが世の嵐を望み見よ 二八—三〇
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
つて、乗出してげたへ、天守が、仄白えるまで、三重あたりをまれながら、歴然つてた。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
室香はお吉にいてより三日目、我子ぬるを得て気も休まり、ぞ天の恵み、臨終正念たがわず、かなる大往生、南無阿弥陀仏嬌喉を送り三重
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ある清原武則というこれも名人名高かった人が、義家のほんとうの弓勢りたがって、丈夫三重ねまで木の上にかけて、義家させました。
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
其の時の箪笥三重と用箪笥を親方に願いたい、何卒心懸けて木のいのを見付けてください
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
内が朱塗、外が黒塗の品で、のよい美しさがあります。多くは大中小を三重ね一組として売ります。どの家庭にもめたい品であります。きっと重宝がられるでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
違棚には箱入の人形を大小二つ並べて、その下は七宝焼擬一輪挿蝋石の飾玉を水色縮緬三重に載せて、床柱なる水牛の角の懸花入は松にの勧工場蒔絵金々として、花を見ず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)