“三重吉”の読み方と例文
読み方割合
みえきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三重吉君をはじめとして今日文壇に名を成している漱石門下の多くの人が大概処女作を『ホトトギス』に発表するようになったのもそのためであった。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
十月早稲田に移る。伽藍のような書斎にただ一人、片づけた顔を頬杖で支えていると、三重吉が来て、鳥を御いなさいと云う。飼ってもいいと答えた。
文鳥 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
友人としては私のいわゆる隣国の王と称する(それは童話国の王だからだ。)「赤い鳥」の鈴木三重吉が、それこそ上機嫌でぴちぴちして、「ええのう、ええのう。」で意気がったすえには
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)