文鳥ぶんちょう
十月早稲田に移る。伽藍のような書斎にただ一人、片づけた顔を頬杖で支えていると、三重吉が来て、鳥を御飼いなさいと云う。飼ってもいいと答えた。しかし念のためだから、何を飼うのかねと聞いたら、文鳥ですと云う返事であった。 文鳥は三重吉の小説に出て …
作品に特徴的な語句
いた あく なら ひえ ちさ うめ ひやや 高価たかい まばたき ほっ おれ ねぶ むな 家人うちのもの とま もと 二重にじゅう 聖徒せいんと けぶり わき かたぶ ぶん かか かご つら さえ きわ しゅ 薄紅うすあか うしろ きこ つか くだ あに から 自然ひとりで なか 翌日あくるひ よご 投函 すみや 手数てすう すか せい ふん べに よる 明日あした こま 豊隆ほうりゅう くつがえ 帯上おびあ 羽搏はばたき なま むか いそが のち かすか 素足すあし つばさ かざ 翌朝よくあさ 翌日よくじつ 羽織はおり 羽根はね 筆子ふでこ 水入みずいれ ねむ にら まぶた くだ 碁石ごいし 穿 うかが 立留たちどま 竪横たてよこ 端書はがき ふち 絶間たえま 総身そうみ 紫色むらさきいろ