“鹽煎餅”の読み方と例文
新字:塩煎餅
読み方割合
しほせんべい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ボリ/\みつゝ、手酌で、臺附硝子杯けたが、何故か、夜具つて、鹽煎餅をおにした幼兒思出す。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
開けさへすれば鹽煎餅ぐらゐはるぜ——引つ張つたつて駄目だよ、何處かう拍子をつけて叩くんださうだ『叩けば開かれる』といふ昔の人の工夫にあやかつたものだ
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
づつみの鹽煎餅と、夏蜜柑つて、立寄つて、ぜずめたがある。は、のあはれと、ぐんだ——かるゝ。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)