“秋刀魚”の読み方と例文
読み方割合
さんま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駄菓子ではつまらないと見えて腹がグウグウ辛気に鳴っている。隣の古着屋さんの部屋では、秋刀魚を焼く強烈な匂いがしている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
魚も野菜も慥かにうまいし、料理のしかたもあっさりと凝っている。だがおれは、鯛の刺身より秋刀魚の塩焼のほうが恋しくなった。
おさん (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
するとその農家のさんとさんが気の毒がって、ありあわせの秋刀魚って二人の大名に麦飯を勧めたと云います。
私の個人主義 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)