“秋刀魚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どこぞの秋刀魚さんまねらった泥棒猫どろぼうねこが、あやまってひさしから路地ろじちたのであろう。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
女工の一人が大声で云っている。女達がてんでに、おひつを抱えて運ぶ。焼かれた秋刀魚さんまが、お皿の上でり返っている。
(新字新仮名) / 徳永直(著)