“秋毫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうごう81.3%
しうがう6.3%
すこし6.3%
ちっと6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老婦人は見ざるがごとく、秋毫も騒げる色無し。はあえて害を加えんとはせで、燈火をそこに差置きたるまま、身をして戸外に去りぬ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
京都にはつても、秋毫も犯さなかつたから、忽ちに上下の信望を得て、信長の京都に於ける位置を、堅実なものにしたのである。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
ト今まで黙想していた文三が突然無茶苦茶に高笑を做出したが、勿論秋毫可笑しそうでは無かッた。シカシ少年の議論家は称讃されたのかと思ッたと見えて
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「ナニお前十代の内なら秋毫も厭味なこたア有りゃしないわネ。アノ方が幾程宜か知れない、引立が好くッて」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)