おさん
これ本当のことなの、本当にこうなっていいの、とおさんが云った。それは二人が初めてそうなったときのことだ。そして、これが本当ならあした死んでも本望だわ、とも云った。言葉にすればありきたりで、いまさらという感じのものだろうが、そのときおさんは全 …
作品に特徴的な語句
かたわ はにか はず 大鋸おおが さだ だな がら なか とま 凝視ぎょうし おんな こび 家主やぬし 宿しゅく つか まく しな 河岸がし 猪口ちょこ 白痴こけ 花札はなふだ 酒肴さけさかな 馴染なじ 上方かみがた 上瞼うわまぶた 下拵したごしら 下駄げた 丑年うしどし 世帯しょたい 乞食こじき 仇名あだな 仔細しさい 仙台せんだい おもかげ 俯向うつむ 刺身さしみ 匕首あいくち 千住せんじゅ 半刻はんとき 半纒はんてん 博奕ばくち やく 収斂しゅうれん 可哀かわい 可愛かわい 可笑おか 吃驚びっくり 合槌あいづち 吝嗇りんしょく つぶや あお うめ 呻吟しんぎん すす わめ 嗚咽おえつ ささや はや 土埃つちぼこり あか 塩辛しおから 塵除ちりよ 境内けいだい 太息といき 太腿ふともも 女房にょうぼう 尖端せんたん 巾着きんちゃく 布令ふれ 店賃たなちん 庫裡くり 弟子でし おび 愛撫あいぶ あわ たし あわ 手甲てっこう 手繰たぐ こぶし こしら ひね 攣縮れんしゅく 普請ふしん 有難ありがた 柏屋かしわや 棗店なつめだな
題名が同じ作品
おさん (新字新仮名)太宰治 (著)