インドラの網インドラのあみ
そのとき私は大へんひどく疲れていてたしか風と草穂との底に倒れていたのだとおもいます。 その秋風の昏倒の中で私は私の錫いろの影法師にずいぶん馬鹿ていねいな別れの挨拶をやっていました。 そしてただひとり暗いこけももの敷物を踏んでツェラ高原をある …
作品に特徴的な語句
しず てん あら むこ またたき 天頂てんちょう さお しゅ 敷物カアペット いそ かぎ 薄明はくめい 呼吸こきゅう かわ 一瞬いっしゅん みずうみ うか けだもの ほと だま くら たば のぞ みが 結局けっきょく 繊細せんさい 山稜さんりょう じつ おと 天衣てんい ころも せい たず だれ 一度いちど へん おごそ 于闐コウタン 雲母うんも とな ひら つめ 精巧せいこう にご 黄昏たそがれ はい うぐいす 燐光りんこう 馬鹿ばか 瓔珞ようらく 由旬ゆじゅん つか いた 発掘はっくつ ふる 真空しんくう ねが しも ひとみ 石英せきえい すな 砂粒すなつぶ 硝子ガラス すず 鋼青こうせい 磁器じき うつ 稀薄きはく 重力じゅうりょく むね すす こけ 透明とうめい 草穂くさぼ 菌糸きんし にじ おお おし 蜘蛛くも おど きし うすもの