“青鷺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおさぎ72.7%
あをさぎ27.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青鷺の三蔵は、ようやくここで人数に追いついた。背後の目として見張っていた哨兵は、三蔵を槍囲みにしたまま、池田勝入の床几の前へつれて来た。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もとより、痩意地の言葉である。地上の、どんな女性を描いてみても、あのミケランジェロの聖母とは、似ても似つかぬ。青鷺と、ひきがえるくらいの差がある。
俗天使 (新字新仮名) / 太宰治(著)
白百合のしろき畑のうへわたる青鷺づれのをかしき
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
昼ねふる青鷺の身のたふとさよ 蕉
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)