“大雷雨”の読み方と例文
読み方割合
だいらいう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両三日来夜になると雷様太鼓をたゝき、夕雲の間から稲妻がパッとしたりして居たが、五時過ぎ到頭大雷雨になり、一時間ばかりしてれた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
奇勝ノアノパリに向う途中、もの大雷雨に、われました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
大雷雨奈落
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)