忠義ちゅうぎ
一前島林右衛門 板倉修理は、病後の疲労が稍恢復すると同時に、はげしい神経衰弱に襲われた。—— 肩がはる。頭痛がする。日頃好んでする書見にさえ、身がはいらない。廊下を通る人の足音とか、家中の者の話声とかが聞えただけで、すぐ注意が擾されてしまう …
作品に特徴的な語句
おこない 宗教むねのり あやまち おろそか かたじけな しゅう いたま ひそか ただち かかわ もと 逆上ぎゃくじょう さいな おびやか なめらか ごく あかる かつて かんばせ いん 五歳ごさい おびや へり 絵解えど つか くわだ 先達せんだって くすぶ 昨夜さくや うしろ おのれ はず 魚籃ぎょらん 駈落かけお 顔色かおいろ きん ただ うた かど まみ 西国さいごく 西丸にしまる 行燈あんどう ないがしろ おのずか 紙鳶いかのぼり あつ おだやか わたくし 砂埃すなほこり 生暖なまあたたか しお つか にな 手負てお うれ あわただ かたじけな かすか いたずら のち おれ 左肩ひだりかた こう 家中かちゅう まった みだり よる ぶくろ 二歳にさい 一目いちもく 上下かみしも あやう 三宝さんぼう よば なか ひざ 粗忽そこつ 紋所もんどころ つかまつ 索引さくいん 累代るいだい 仔細しさい 介錯かいしゃく しば 纏綿てんめん 老中ろうじゅう 介抱かいほう 草履ぞうり 蘇鉄そてつ つる 人数にんず 蒔絵まきえ 莨盆たばこぼん すさ はし