“紋所”の読み方と例文
読み方割合
もんどころ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時の丹絵漆絵紅絵を蒐集しこれら古代俳優の舞台姿をば衣裳紋所によりて考証穿鑿するは好事家に取りて今なほ無上の娯楽たり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
ぬと見え面體柔和にて眉毛鼻筋通りて齒並みなき天晴の美男にして婦人風俗なり衣類は黒七子の小袖に紋所同じ羽折
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
奇態なことにその提灯の紋所が、大名屋敷や武家屋敷なぞに見られる紋とはあまりにも縁の遠い、丸に丁と言う文字を染めぬいた、ひどくめかしい紋でした。