“紋切形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もんきりがた85.7%
コンヴェンション14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何事も語らないで彼の前にっている須永自身も、平生の紋切形を離れた怪しい一種の人物として彼の眼に映じた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
わたしたち仲間の紋切形で、仕事をするとその場から、プイと百里や二百里は飛びますからね——お前さんも、たまには江戸へ息抜きにおいでなさいな。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その子分として用いた者が多くは無学の熊公八公であったから、かくのごとき紋切形け、これによりて統御便ったのも、あるいは止むを得なかったことであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)