“八公”の読み方と例文
読み方割合
はちこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
省線電車渋谷駅の人気者であった「忠犬」の八公が死んだ。生前から駅前に建立されていたこの犬の銅像は手向の花環に埋もれていた。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
この題を得たる八公熊公の徒はなかなか以て「朝比奈曾我ふ日や初松魚」などいふ句の味を知る者に非ず
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その子分として用いた者が多くは無学の熊公八公であったから、かくのごとき紋切形け、これによりて統御便ったのも、あるいは止むを得なかったことであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)