“コンヴェンション”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紋切形50.0%
習俗50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その子分として用いた者が多くは無学の熊公くまこう八公はちこうるいであったから、かくのごとき紋切形コンヴェンションもう
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
習俗コンヴェンションを重んずるために学問をしたような悪い結果に陥って自ら知らなかった彼には、とかく自分の不見識を認めて見識と誇りたがるへいがあった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)