“紋付”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もんつき92.0%
もんつ8.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に私は、羊羹いろの斜子紋付を着ている上に、去年の霜月の末に、勤め先を出奔して以来というもの、一度も理髪屋へ行ったことがない。
酒徒漂泊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
橋本のいさちゃんが、浜田のさんに連れられ、高島田紋付、真白にって、婚礼挨拶に来たそうだ。しゅうござんした、とが云う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
紋付きを着た男の生徒もあった。オルガンの音につれて、「君が代」と「今日のよき日」をうたう声が講堂の破れた硝子をもれて聞こえた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
伏見から京街道駕籠つて但馬守が、守口駕籠をとゞめ、かに出迎への與力等はれたのをると眞岡木綿紋付きに小倉穿いてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)