“京街道”の読み方と例文
読み方割合
きやうかいだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伏見から京街道駕籠つて但馬守が、守口駕籠をとゞめ、かに出迎への與力等はれたのをると眞岡木綿紋付きに小倉穿いてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)