“紋縮緬”の読み方と例文
読み方割合
もんちりめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
セルで足袋を穿いては、軍人の奥方めく、素足では待合から出たようだ、と云って出掛けに着換えたが、に、紋縮緬長襦袢
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
赤い物がって気に入らないかも知らないが、紋縮緬と腹合せにしてほんのチョク/\着るように、此の前掛は古いのですが、二度ばかりっきゃア締めないんで
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
手の甲の血をひつつ富山は不快なる面色しての席に着きぬ。て用意したれば、海老茶紋縮緬七宝焼小判形大手炉を置きて、蒔絵吸物膳をさへ据ゑたるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)