“安値”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やす63.2%
やすね15.8%
あんちょく10.5%
あんちよく10.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またほかの書生がこんな事に出会ったりなどして、如何いかにも気味がるかったから、安値やすくってよかったが
怪物屋敷 (新字新仮名) / 柳川春葉(著)
百五十両が、この女の身代みのしろになるならばむしろ安値やすいものだという算盤そろばんが——無意識のうちに胸で働いていた。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かう言つた曖昧あいまい茶屋などは、確とした請人も證文もなく、氣輕きがる安値やすねに人身賣買が行はれたのでせう。
そのあげく、彼らの商品はすっかりおさえられ、そしてそのまま没収ぼっしゅうされたものもあり、とんでもない安値やすねで強制買上げになったものもあった。
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そしてただ、ちょっと、入選さえ毎年つづけていればそれで知友と親族へ申訳が立つという位の安値あんちょくな慾望までが普及しつつあるかの如くである。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
あさからばんまで、安値あんちょく報酬ほうしゅう学科がっか教授きょうじゅするとか、筆耕ひっこうをするとかと、奔走ほんそうをしたが
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
それは二十弗あつたら、接吻キツスと、酒と、今一つ料理さへ味はふ事の出来る安値あんちよくな世界がこの世の中にあるといふ事である。
あさからばんまで、安値あんちよく報酬はうしう學科がくくわ教授けうじゆするとか、筆耕ひつかうをするとかと、奔走ほんそうをしたが
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)