“夜學”の読み方と例文
新字:夜学
読み方割合
やがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其日からへて丁度一週間前夜學かつたで、晝間通學生つてひ、夕飯んで、部屋卓子で、燈下美少年録んでた。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
母親はほた/\としてめながら、亥之しがた夜學ました、あれもおさまで此間昇給させていたし、課長樣可愛がつてさるので心丈夫であらう
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
夜學はもとよりの明日めにるさへがりて、一もお美尾れじとするに、あゝお前樣何故その聞分けてはさらぬぞとましく、ひのひそはそはにりて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)