秘密ひみつ
その頃私は或る気紛れな考から、今迄自分の身のまわりを裹んで居た賑やかな雰囲気を遠ざかって、いろいろの関係で交際を続けて居た男や女の圏内から、ひそかに逃れ出ようと思い、方々と適当な隠れ家を捜し求めた揚句、浅草の松葉町辺に真言宗の寺のあるのを見 …
作品に特徴的な語句
あわい おお あた 悪戯あくぎ 湿うるお つかまつり たく あや うしろ 彼処あそこ おお たい くれない つい わらわ 冬木ふゆぎ 大凡おおよ はず がら かつ こも かんがえ めぐ 肋骨あばら はぐく あわただ きれ おれ かお 戸外おもて 孰方どっち 扮装ふんそう いや ぬぐ さしはさ はさ さぐ くつがえ がき みが あか いざな まなこ かじ めし 白粉しろい みぞ とま あば 馴染なじ 凝視ぎょうし 何方どっち ぎわ 出会でくわ 燦爛さんらん いき 熾烈しれつ あら 煙草たばこ ねば 無之これなく 素人しろうと 紫檀したん けむり 縞目しまめ まと つな あさ ようや もつ 縮緬ちりめん くぐ 潤味うるみ 濃艶のうえん 絢爛けんらん たま 綺麗きれい よど しま 濁染にじ
題名が同じ作品
秘密 (新字新仮名)平林初之輔 (著)
秘密 (新字旧仮名)竹久夢二 (著)