“ふゆき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フユキ
語句割合
冬木60.0%
冬季20.0%
冬樹20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮川みやがわの鰻もきょうは混雑しているであろうから、冬木ふゆきの蕎麦にしようと、誘われるままにゆくと、わたしは冬木弁天の境内に連れ込まれた。
冬木ふゆき刑事は野田がストーブの傍へ持ってきた椅子にどかりと腰をかけて、野田と向かい合った。
五階の窓:02 合作の二 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
有りやんすとも、貧乏人には一俵買は不自由な訳で、中々一俵は買えねえもんでがんすから、冬季ふゆきなどは困って睾丸火鉢きんたまひばちの中へ消炭けしずみなどを入れ、ブウ/\と吹いて震えながら一夜ひとばん明かすものが多い世の中で
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
松杉椿のような冬樹ふゆきが林をなした小高い岡のふもとに、葛飾かつしかという京成電車の静な停車場がある。
葛飾土産 (新字新仮名) / 永井荷風(著)