“薬袋”のいろいろな読み方と例文
旧字:藥袋
読み方割合
やくたい60.0%
くすりぶくろ30.0%
みなえ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面壁イ九年とやら、悟ったものだとあ折っていたんだがさ、薬袋もないことがいて来て、お前様ついぞ見たこともねえ泣かっしゃるね。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
最初の一回だけは、彼は薬局の窓口から薬壜薬袋とを差出した。すると、美しい眼がすぐ窓口から次郎をのぞいた。そして
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
身延七面山の間の裏山を越えて薬袋というところへ出た時分に、お徳は右手の方を指しながら
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)